高級ブランド蟹

高級ブランド蟹

冬になると、グルメ番組などに毎回登場するのが、松葉ガニや越前ガニですね。
みなさんは、これらを「カニの種類」だと思っていませんか?

 

これは実は、どれも地域ブランドの名前がつけられた「ズワイガニ」です。

 

高級ブランド蟹は、水揚げされる地域によって、その名前が変わります。
日本海側や山陰では、松葉ガニと呼びます。
福井県沖で水揚げされれば、越前ガニと呼びます。

 

このように、「各地の名産品=地域ブランド」として販売されているのです。

 

<松葉ガニ>
松葉ガニは、最も有名なブランド蟹と言えるのではないでしょうか。
松葉ガニは、島根県、鳥取県、兵庫県、京都府などで水揚げされたズワイガニを言います。
水揚げされる地域が多い分、漁獲量も多いです。
その為、地域ブランドとして差別化が図れないので、そこから更に、独自の名前をつけている地域もあります。
松葉ガニは、11月上旬から、3月頃までが漁解禁の帰還です。
禁漁期間に生簀(いけす)にいるカニは、ほぼ絶食状態です。
ですから、身が痩せ細っていて、味も落ちている可能性がとても大きいです。

 

<越前ガニ>
越前ガニは、福井県が誇る秋の味覚です。
北陸というイメージからか、塩茹でした湯でたて熱々のカニといえば、越前ガニが一番というイメージがあります。
ですが、漁の期間は、松葉ガニと変わらないので、同じ保管方法や調理方法であれば、味が大きく異なるようなことは殆どありません。
また、松葉ガニと同じく、禁漁期間に生簀にいる越前ガニにも、やはり注意が必要です。

 

<間人(たいざ)ガニ>
先程お話したように、松葉ガニは、水揚げ地域が多く、差別化が計りにくいカニです。
そこで、京都の丹後半島にある間人(たいざ)港で水揚げされる松葉ガニを、間人ガニと呼びます。
こうして、新たな地域ブランド蟹が出来ました。

 

松葉ガニでもあり、間人ガニでもあり、ズワイガニでもある。
少々ややこしいですが、こういった例は、鳥取県の松葉ガニ、津居山港の津居山ガニ、隠岐諸島の隠岐松葉ガニなど、決して少なくありません。