カニ 種類

カニの種類

カニの種類を、ご存知でしょうか。

 

一言で、「カニ」と言っても、様々な種類があります。

 

ここでは、カニの種類について、お話したいと思います。

 

タラバガニ

脚の直径が5cm以上は当たり前なのが特徴のタラバガニです。

 

とにかく、身の多さや大きさが自慢です。
ですから、食べ応えを求める人には、特にお勧めしたい種類のカニです。

 

タラバガニを漢字で書くと「鱈場蟹」となります。

 

鱈の漁場に多く生息しているため、この名前がつきました。

 

また、ズワイなどと違って、ヤドカリの種類の属しているのも、特徴です。

 

>>美味しいタラバガニを取扱う通販サイト

 

ズワイガニ

 

身入り・味共に良いのがズワイガニです。

 

肉質は、上品で甘みがあり、濃厚なカニ味噌が特徴です。

 

日本では、北海道から山口県まで、広範囲に渡って生息しています。

 

私たちが、最も口にする機会が多いカニといってもいいのではないでしょうか。

 

また、ズワイガニは、地域によって呼び名が変わります。

 

松葉ガニ、越前ガニ、間人ガニなど。

 

高級ブランドガニと呼ばれるものも、全て同じズワイガニなのです。

 

>>美味しいズワイガニを取扱う通販サイト

 

毛ガニ

ビッシリと毛に覆われた姿が、なんともユニークなのが毛ガニです。
肉の旨みとたっぷりのカニ味噌が、人気です。
毛ガニの元々の大きさは、小ぶりです。
ですが、毛ガニそのものに旨みが凝縮されています。
ですから、身を食べ終えた殻で、出汁を取って、お味噌汁やお鍋を美味しく楽しむことが出来ます。

 

 

>>希少1kg前後の毛ガニ取扱う通販サイト

 

アブラガニ

アブラガ二は、タラバガニとの区別がつきにくいカニです。

 

特に、近年の偽装問題の影響で「タラバの偽者・まずいカニ」というマイナスイメージがついてしまいました。

 

アブラガ二自体は、とても美味しいカニです。

 

カニ身にコクがあって美味しいという評判もあります。

 

量の割りに、お値段も安く、タラバガニに負けない美味しさを楽しむことが出来ます。

 

タラバガニとアブラガニの見分け方

タラバガニとアブラガ二を見分ける方法は、とても簡単です。

 

甲羅の中央部分の辺りに、トゲが6個あれば、それはタラバガニです。

 

そのトゲが4個あれば、アブラガ二、という訳です。

 

では、脚カットなどで甲羅がない場合は、どのように区別すればよいのでしょうか。

 

それは、「脚の裏側」を見ます。第二関節まで赤ければタラバガニ、赤白のまだらなら、アブラガ二の可能性が大きいです。

 

花咲ガニ

味重視でおいしいカニをお求めなら花咲カニをおすすめします!

 

花咲ガニは、水揚げ量が少ないカニで、漁獲高は、全体の数割しかない大変希少なカニです。日本では、根室が唯一の漁獲地となっています。

 

全身にある鋭いトゲがあり、茹でると甲羅が真っ赤になります。

 

タラバガニのように、満腹感を味わえるのはもちろん、それ以上に脂の乗った濃厚なカニ身を味わうことが出来ます。

 

>>美味しい花咲ガニを取扱う通販サイト